PH4.4-7

<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

可愛い、欲しい、安い、でも買えない…



アメリカ国内に何社かある大型ディスカウントショップの中で、ワタシのお気に入りはTarget。店舗の清潔さや明るさに加えて、マーチャンダイジングの斬新さとセンスのよさが群を抜いていると思う。ヒップなデザイナーとのコラボレーションも多いし、自社ブランドのデザインもシンプルで媚びてない。以前Eがまだ小さかった頃店内で怪我をしたのだが、その際の迅速な対応と丁寧なフォローアップには感心した。そんなわけで、Kで始まる名前のお店やWで始まる名前のお店に比べてうちからはちょっと遠いのだが、それでもわざわざこっちまで出かけるワタシ。

で。先日シャンプーやら化粧水やらを買いに出かけたら、なんとOrla Kielyのコラボ商品が並んでるじゃないの!夏に向けてメラミンの食器やアクリルのコップなどがずらり。あんまり可愛くて声を出してしまった。手にとってじいいっと眺めたのは言うまでもない。

Orla Kielyオリジナルブランドのものはポップでとても可愛いのだけれど、服飾関係もリビング小物もちょっとお高くて手を出しにくい。でも、でも、Targetとのコラボなら買えるよねえ(…と目がキラキラする)。

…とは思ったが、今は荷物を減らす努力をしてるはずなのである。ものを増やしてちゃぁいけないのである。


月曜日に引越し業者のお兄ちゃんに「この先、荷物が増える予定はありますか?」と聞かれて、「それはないです。大丈夫」とはっきり返事してしまった後だったし。


なのでぐっと我慢。



しかし、これほど虫がうずいたのも久しぶりであった。なんだか悔しい気がするのは確かである。
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-04-30 00:31

引越し屋さんがやってきた!ヤア!ヤア!ヤア!

a0106584_3353614.jpg


本日朝一番の用事は食料の買出しになるはずだったが、ぐずぐずしていたら既に十時、引越業者が荷物の量の見積もりにやってくる時間になってしまった。


思えばここに引っ越してきたときは簡単だったなあ。「うちにあるもの、全部持って行きます」で済んだもんなあ。

親切で明るいお兄ちゃんだったが、さすがプロ、うむむ!と思う質問を投げてくる。う~ん、そこまで考えてませんでしたよぅ。ちょっとびびって軽~いパニック状態になるワタシ。仕方なく東海岸で仕事中のオットに電話する。三人でミニ電話会議。


ホントにこんなんでちゃんとフランスに行けるんでしょうか。



a0106584_3354390.jpg



あんまり関係ないが、お兄ちゃんによると、うちは(同じ位の大きさの家に住んでいる)他のご家庭に比べると、家財道具が少ないらしい。

なぜだかホッとするような、うれしくなるようなコメントであった。
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-04-28 03:35

ローズマリーの香り

a0106584_11324457.jpg



うちの前庭に、かなりでっかいローズマリーの木が二本植わっている。

ローズマリーが「木」になるっていうのは、この家に引っ越して初めて知った。ハーブとして育てられていて、植木鉢に収まるくらいのサイズ・高さのものしか見たことがなかったから。

うちにあるのは、高さはワタシのウエスト位、大きさはワタシの腕で抱えきれる半径、かける三、くらい。ハーブというより、植木。

料理に使うのに重宝はしているけれど、なんせでかいし生長が早いので、放っておくと伸びた髪みたいにぼうぼうになる。だからたまに散髪剪定する。今回もしばらく野放しにしていたら『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』のブラッド・ピットの髪みたいな伸び加減になってしまったので、刈り取ることにした次第。



キッチンバサミで切り取ってボウルに山ほど入れる。何度も書くがほっぽりっぱなしで土ぼこり・くもの巣等々なんでもこいなので、丁寧に洗う。クロスの上で乾かして、うちの分を少しとっておいてあとは近所に配る。



葉っぱのオイルで手がねばねばするけど、この香りは好きな香り。



自宅の庭からハーブを切り取ってきてそのまますぐ料理に使うなんていう、そんなおされなことをするのはここに来てから始めたことだったので(育てようとしたことは以前にもあったが、いつも必ず枯らしてしまっていた)、そのうれしさが香りの記憶に繋がっているのかもしれない。ローズマリーの香りも、しあわせの香り。



今日の写真は、つめでこするとローズマリーの香りがします。…というのは嘘です。
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-04-25 12:07

ラベンダーの香り

a0106584_1104163.jpg


旅行から戻って家と生活リズムを元通りにするのに奮闘していたら、郵便局のおじちゃんがうれしい贈り物を届けてくれた。

日本からやってきた可愛い包みの中身は、これ。丁寧に包んであって、最後のラッピング一枚はまだ開けてないんだけれど、ほんのりやわらかなラベンダーの香りがする。ああ、しあわせ~。



さとさんのブログは優しい気持ちになる写真とポエティックなキャプションで構成されていて、朝ここにお邪魔するのがワタシの日課。以前はほぼ毎日更新なさっていたのだけれど、腱鞘炎で手首を傷めて現在静養中…のはずなのに、それでもときどき更新なさってるのだ。今日の写真も乙女で夢のよう。



新しい写真がアップされていて拝見するこっちはうれしいのだけれど、腱鞘炎はワタシもやったことがあって、「書く」作業はPCのキーボードでも手書きでも辛いのを知ってるのだな。ワタシの場合机と椅子の高さを変えてキーボードをこういうのにしたら治ったけど、治療には時間がかかったし、後遺症で未だに手首を曲げた状態で力を入れることができない(入れるとズキンと痛む)。



さとさん、無理なさらないで治すのに専念なさって下さいね。そして素敵な香りのプレゼント、ありがとうございました。手を洗うのが楽しくなりそうです。
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-04-24 01:42

春休み旅行レポート、簡略版

a0106584_5121288.jpg





春休みの一週間。Eとワタシが訪れていた間、Mは日中仕事だった。夕方帰って来たらストレスで眉間にしわが寄ってるし、四ヶ月間ずっと独り暮らしで自分のペースだったのを崩されて、狭いアパートで物理的にも心理的にも大変だっただろうと思う。一緒にいるこっちもあまり休暇らしい雰囲気を味わえなかったのは事実である。




a0106584_1215237.jpg






今回はオレゴンから義母も来て、叔父(彼女の実兄)のところに泊まっていた。叔父の家はMのアパートから車で約二十分で、ここを何度か行き来した。Eのまたいとこ(叔父の孫=Mのいとこの子供)たちも来て一緒に庭で遊んだり、お茶を飲みながらゲームやパズルでゆるーく時間を過ごしたり、お弁当持って自然公園に出かけたり。



週末はフィラデルフィアまで足を伸ばして楽しんだが、結局あっ!!!!という間に一週間が経ってしまい、正直言って結構疲れる要素の多い旅であった。フィラデルフィアまでの行き帰りが混みに混んで、しかも車酔いしてしまったのもよくなかった。次回DCからは汽車で行くことにしよう。



Mは後もう一回、来月半ばに二泊だけ西海岸に戻ってくることになっている。家財道具発送に関する見積もりや家を賃貸に出すための手続きなどがつまっていて、遊んでる余裕はなさそう。



引越まであと二ヶ月。頑張らねば。



写真上:Northern Virginia & Washington, D.C.
  下:Philadelphia, PA
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-04-23 00:54

The best part of traveling is coming home.

a0106584_9144897.jpg


ま、そうですね。

観光が主な目的ではなかったし、ストレスの種も結構あった旅だったので、今回は特に「旅の一番いいところは、家に帰ってくる瞬間」と言っていいでしょう。

そんなわけで既に洗濯機を三回まわしているのだが、出発前に家の中をきちんと片付けずに出かけたので(だってものすごくバタバタしてたんだもん…ごにょごにょ)先が長い。学校のボランティアもあるし、冷蔵庫は空だし、明日は忙しくなりそうだぁ。


とりあえず、冷蔵庫に白ワインを冷やしておいてよかった、まる。
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-04-21 08:59

お天気悪し

ワシントンDCの今日のお天気は雨。

火曜日の晩にオレゴンから義母が到着していて、今日はEと三人でこのあたりで一番お気に入りの自然公園に行きたかったのだけれど、ちょっと無理かも。ベランダから見てみたら傘をささずに歩いてる人もいるんだけど、確かに寒いし(予想最高気温は8℃)。

どうしようかね。


金曜日の晩にはうちの三人と義母の四人でフィラデルフィアへ二泊で出かける予定。楽しみにしていたのだけれど、フィラデルフィアも日曜日は雨の予報…。そうだそうだ、EとMだけどこかに行ってもらって、ワタシは義母を誘ってフィラデルフィア美術館に行こう!

あそこもたぶん大混雑だろうなあ…。
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-04-15 22:02

荷物つめ

a0106584_6411045.jpg


母に似ず、Eは旅行のために荷物をつめるのが大好き&大得意である。衣類を主に入れるスーツケースの方は母のワタシが担当するが、自分の手荷物のリュックサックは、毎回喜んで自分で荷物つめをする。

彼のパッキングの仕方を見ていると、実にふ~む…と思わされる。

「これ持っていこうか」「これはなくても大丈夫だろうか」という迷いが全く見られない。ぱっと手にしてぱっとバッグに詰めるその手際のよさ、潔さ。そして、いつも感心するのだが、色々つめすぎてバッグがパンパンになったり、持って行きたいものが全部入りきらないからどれか残していかなくちゃ…なんてことが、彼の場合全くないのである。

一方でワタシの荷物つめは、とりあえず必要と思われるものを全てスーツケースの横に積み重ねて、二割がた減らしながらつめていって、それでもはみ出すのでその時点での荷物を一旦全部取り出して、またあーでもないこーでもないと悩みながら一部削除する…と、三歩進んで二歩下がる全く潔くないスタイルなのだ。

ワタシがパッキングが嫌いで苦手な理由のひとつに、「持って行ったのに着なかった・使わなかったら損した気分を通り越して敗北感を感じてしまう」というのがあるのだが、きのうもセーターや冬用の上着をつめながら、まだ出発してないのにすでに負けそうな気持ちになっていた。こんなに持っていって暖かかったら馬鹿みたいじゃん…と思った。

しかしそんなワタシの隣でEは実に楽しそうなのである。「この本、持って行ってダディと三人で読もうね。そうだ、ふたりで今読もうよ。練習しよう」といってワタシのひざに座り込んできた。ああ、この無邪気さがうらやましい。



Eの今回のチョイスは、大きいジッパーバッグに入れたレゴブロック、本を二冊、鉛筆数本と鉛筆削りと消しゴムの入った小さいジッパーバッグ、お絵かき帳、そして帽子と手袋をメインのコンパートメントに。サブのコンパートメントには、左からライト・サーベル(水道管の一部なんだけれど、見た目がライトが出る前のライト・サーベルそのもの)、懐中電灯(子供用の小さくて軽いもの。「まさかの時のためにね」だそうだ)、デンバー消防博物館で買った白いくまのスノーフレークちゃん(最近どこ行くのにも一緒)、なぜか骨の形のクレヨンケース、そしてレゴのダースベイダーTIEファイター組み立てマニュアル。加えてハンドローションとポケットティッシュ(これは普段からこのリュックに入っている。通学用なので)。


うーむ。
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-04-11 06:46

ラナンキュラス

a0106584_516237.jpg



この丸い形がなんとも言えず好き。

ファーマーズマーケットで、一束$3.50か、ふた束で$6.00。迷わず「ふた束下さ~い」。


お花を買うというのも贅沢であるね。おいしいコーヒーと一緒。心に余裕がないときは、ありがたく感じられない、味わう気がしない。ワタシの場合特に、落ち込んでるときに花を頂いても「もったいない…」と思うだけで終わっちゃう。

花を飾って気分がいいというのは、心がいい状態である証拠。




a0106584_11482928.jpg




土曜の早朝から一週間の旅行に出かける予定。今から荷物つめ(の準備)を始めなきゃ。DCの天気が不安定で、二十度越えた次の日に十度までいかなかったりして、どうもある程度ヘビーな冬ものも必要になりそうなのだ。予報では我々がいる間だけ冷え込むらしいし。コートだけは持っていきたくなかったが仕方ない。



今日と明日中に今月末締め切りの用事を済ませて、金曜日はバタバタせずに過ごしたい。



写真はPicnikで、上はColor Saturation値を下げてからVignette加工、下はColor Saturation値を下げてからFocal B&W加工。
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-04-09 01:05

天国の香り

a0106584_624542.jpg


もちろん、いただきものである。

自分では絶対買わないと断言できる。だってたったの30mlで$10もするのだよ!ひえええええ、…なのである。

でも、そりゃあもんのすご~くよい香りがするのよ。いつも使っているハンドクリームは無香料のドラッグストアの商品なので、このギャップは大きい。



二本いただいたうちひとつはばらの香り、もうひとつはいかにもロクシタンなラベンダーの香り。どちらもほんとに、天国ってこんな匂いがするんじゃないかなあと思うような、やさしくてやわらかな香りなのだ。

すぅっとのびて肌になじみ、何時間経っても手はしっとりとしたまま。くどくないフレグランスだけどずっとそこはかとなく香りが漂う。ちょっと手を動かすたびにふっとばらの香りがする。さすが、お高いだけあるなぁ、と思う。

が、しかし… 晩御飯を中華にしようと野菜を刻んでいたときに、ばらの香りがするのはちょっと「?」だったなあ。お米を洗うのにも、もう一回手を洗ってばらの香りを落とさないとだめかなあ、とかさ。

ま、要は、こういう上品なモノはキャラクターに合ってないということだわね。



どこまでも庶民なワタシであった。ちゃんちゃん。
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-04-08 00:22