PH4.4-7

<   2008年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

虹の彼方に

Somewhere over the rainbow
Skies are blue
And the dreams that you dare to dream
Really do come true

           lyrics by E.Y. Harburg


Keith Jarret。ただ一言…、「天才」。
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-08-31 10:18

Seafood Watch

a0106584_1294133.jpg


ワタシはお魚が大好きである。水族館で泳いでいるのを見るのも嫌いじゃないが、実は食べる方はもっともっと大好きである。肉は食べられなくても気にしないが、魚介類が食べられなくなったらかなりショックだと思う。

でも最近は水銀汚染とかツナ漁の際に犠牲になっているイルカやカメの話とか、魚介類を消費するのをためらわせるような話をよく耳にする。正しく賢いシーフードの消費者でいるためには、どういう注意を払っていればいいのだろうか?

そこで役に立つのが、Monterey Bay Aquariumで公共教育の一環として提供されているSeafood Watchというプログラム。ワタシの質問に答えてくれたスタッフの人の話では、シーフードを買って食べるにあたって、消費者としては三つの問題をクリアしなければならないそうだ。

今、スーパーで目の前にとある魚が売られているとして、あるいはレストランでメニューにおいしそうな一品があるとして、買う前・オーダーする前に答えたい質問は、

1、この魚に含まれている薬物や廃棄物による汚染の程度はどのくらいか
2、この魚は獲られすぎてその数が心配されていないか
3、この魚を獲る際に周りの生き物と環境がおびやかされていないか

どれもエコ問題ではあるが、(1)は特に消費者の体にも直接影響する問題である。そしてもちろん、このほかにも関連して考えなければいけない問題はたくさんある。

Monterey Bay Aquariumではこういう消費者の疑問に答えるため、Seafood Watchというプログラムを提供し、環境に優しい漁業経営と魚介類の消費を訴えているというわけだ。

Seafood Watchのウェブサイトにはシーフード消費に関するありとあらゆる情報が満載で、例えば漁業手法の種類とか、魚介類を消費すると我々の健康にどういう影響があるかとか、どれもこれも読んでためになるページばかり。小学校高学年や中学校の、理科や社会のレポートなどにものすごーく役立ちそうな情報源である。



で、とりあえず食料の買出しがお役目のひとつである主婦にとって、一番役に立つのが、
どの魚介類が消費しても安全なものなのかリストになっているSustainable Seafood Guideのページと、シーフード検索のページ。

Sustainable Seafoodのリストは市場に合わせて米国西海岸版、南西版、南東版、北東版、中央版、ハワイ版とそしてさらに全国版、全部で七バージョン用意されていて、PDFファイルで印刷すると、たたんで財布に入れて持ち歩けるサイズになるように配慮されている。今夜のおかずの買い物に行くとき、かばんに入れて持って行こう。


このリストをどうやって使ったらいいのかの説明。

a0106584_131335.jpg


グリーンのリストに載っている魚介類はベストチョイス、漁業手法も環境に悪影響のないように管理されているもので、つまりどんどん消費してOKなものたち。

黄色のリストはGood Alternatives、「悪くはない選択肢」。ただ、漁法管理の良し悪しや環境への影響が多少心配されているものもあり、しかも赤い*印がついているものは水銀などの汚染の心配があるので、沢山食べないようにとのコメントつきである。

赤いリストは赤信号。赤い*印がずらずらっと並んでいるし、*印がついてなくても(つまり汚染が心配でなくても)、漁業の種類やこの魚を消費することから起こる環境へのドミノ影響が問題で、食べるのを避けるべき魚介類がリストされている。


以下、ここに載せたリストは西海岸バージョン。これは2008年4月に更新されたものだが、随時更新されているので上記ウェブサイトでチェックすればいつでも最新のリストが入手できる。



まずはグリーン、青信号のリスト。

a0106584_1354510.jpg



そして黄色のリスト。

a0106584_135552.jpg


ここですでに赤い*印がけっこう並んでいる。うーん。


最後に、赤信号(警告)リスト。

a0106584_136533.jpg


どこでもちょっとお高くてけれど人気のあるChilean Seabass、警告リストにのってるなんて、知らなかったよ。


さらっと見ただけですぐ分かるが、グリーンと黄色と赤、全部のリストにのっている魚もあるのだ。例えばサーモン。アラスカで獲れた野生ものはグリーンだが、ワシントン州の野生ものは黄色のリスト(しかし赤い*印つき)、養殖ものにいたっては赤信号リストである。つまり賢くそして環境に優しい消費者でいるためには、魚の種類だけじゃなくて、どこでどうやって獲られたものなのか把握できてなくちゃいけないということね。

ちなみにWhold Foodsなんかでは、例えばサーモンに「Alaska Wild Caught」と捕獲場所・手法のラベルだけでなく、「Marine Stewardship Council Approved」などのラベルもしっかりつけて売られている。Marine Steardship Councilはエコに優しい漁業と魚介類の消費を奨励・承認する組織で、MSCに承認されている魚やシーフード商品、レストランなどは「シーフードよい子」のバッジ付きだと思っていいらしい。




…とまあ、魚をおいしく食べようと思っても、今日びそう簡単に「はい、ごちそうさまでした」とは言えなくなってきてるのだ。

とりあえず、シーフードポケットガイドだけはバッグに入れて持ち歩いているワタシであるが、レストランで「スペシャルのマヒマヒを頂きたいんですが、国産ものですか、輸入ものですか?」と聞く勇気、あるかなあ…。
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-08-30 01:28

希望とは羽のあるもの - Monterey Bay

a0106584_1595775.jpg


... と言ったのはエミリー・ディキンソン


羽があったらどこへでも飛んで行けるなぁ。



a0106584_2111962.jpg



しかし羽はないので仕方なく車で、夏休みの最後ぎりぎりセーフで出かけたのは一年ぶりのモントレー


a0106584_215438.jpg


青い空青い海のビーチもそれはそれで素敵だけれど、こういうグレーで寒い海辺がワタシは結構好きである。ちょっと暗めでパーカを着込むようなビーチの方が、ぱきーんと晴れたタンクトップ一枚のビーチよりロマンチックだと思うのは、ワタシだけかな?



モントレー湾は自然保護区域に指定されていて、海洋生物の研究や保護に地元のみならず国内外から関心が集まる。

そして、これといって海洋生物に特別興味はないワタシでも、あぁもうずっとここに居座っていたい…こうやって波と遊ぶアシカやラッコを眺めていたい…と思うような、それはそれは心も体も安らぐサンクチュアリー、なのだ。



a0106584_319745.jpg



Downtown Montereyからすぐの海辺には、Fisherman's Wharf(サンフランシスコだけじゃないのだよ)以外にもいくつか埠頭があって、ほとんどの場所は一般人でも立ち入りOK。埠頭のずううっと先っぽの方、柵もなんにもなくて落ちちゃうよ~、というところまで歩いて行ける。


a0106584_224124.jpg



卸も小売もやってる業者。値段をメモするのを忘れたが、魚が5ポンド単位でびっくりするような安さだった(だったら記憶しろよ)。


a0106584_225112.jpg


Fisherman's Wharfの先端のレストランの屋上は展望台。

a0106584_23346.jpg



おとーさん、こっち見てないで、ほら、そこ!岩の上にアシカがいるよ!すぐ後ろ!

a0106584_3355068.jpg


いいなあ、こんなボートのある生活。…とオットは言うが、波に揺れるボートを桟橋に立って見ているだけで船酔いするワタシ。引退後のクルーズ船での優雅な旅は、誰か他の人と行って下さい。

a0106584_234615.jpg




海岸沿いにこういう道がずううと続いていて(メルボルンにも似たようなのあります…ただし写真のレベルをうちと比べちゃいかんですぞ。しかもまた事後報告もなしのリンク貼りっぱなしだし…)、

a0106584_2114129.jpg




こーゆーところを父子は自転車で、

a0106584_2124819.jpg


母は徒歩で、

a0106584_2112966.jpg


何度も立ち止まって景色を目一杯こころいっぱい吸い込みながら、ぶらぶらとゆく。

普段そんなにストレスの多い生活をしているわけではないので、こういうことを言うのは申し訳ないとは思うのだが(←オットにも指摘されたし)、こんな景色を見ながら息を吸って、吐いて、そこでぼおおっと立っているだけで、体中のストレスの固まりが溶けていくのを感じる。そして顔の筋肉がゆるむ。

ひとりで突っ立ってにやにや笑う、ワタシはすっかり変な人である。



今回の旅行のメインイベントは、Monterey Bay Aquarium

入館料はおとな$24.95、こども(3~12歳)$15.95で、高いことは高いのだがそれだけの値打ちはあると思う。そして資金の一部が海洋生物と環境の研究・保護に使われていると聞けば、喜んで払う気になるじゃないの。しかも我々は泊まっていたホテルのパッケージで、一日の入館料で二日続けて入ることができたのだった。近辺のホテルいくつかがこういうパッケージを用意している。

去年も二日通って合計10時間以上いたが、今年もまた二日連続で入館し、とことん堪能させてもらった。


ワタシが好きなのはくらげとか

a0106584_241888.jpg



マンボウとか

a0106584_243114.jpg



ゆーっくりゆーっくり水の中を動いてゆく生き物たち。泳ぐというより漂っていると言った方が正しいような。あ~、さんくちゅあり~。


そしてアンチョビーなのかイワシ(サーディン)なのか区別がつかないのだが、あの大群で泳ぐあれも好きだな。時々方向転換をするたびに、アルミで包まれているかのようなシャープな体が照明を受けて、きらりと銀色に光る。動きは群れ全体一糸乱れず、完璧に振り付けされた群舞を見ているよう。Alvin Ailey American Dance Theaterの一番有名な演目Revelation、特に出だしの部分と、終りの方の白い衣装で踊る部分を連想する。



そして夏のお楽しみはビーチにある遊園地


観覧車に乗り、ゴーカートをぶっ飛ばし、ミルクシェイクを飲んで、

a0106584_214187.jpg



遊び疲れて日が傾いてきたら、帰途に着く。

a0106584_2142884.jpg




夕食は埠頭にあるレストランで、お決まりのクラムチャウダーとシーフードサラダを食べよう。そんなちょっとチープな喜びも、海辺の町でのお楽しみ。

おとーさん素敵な旅行をありがとう。そして往復10時間のドライブ、お疲れさまでした。

a0106584_216291.jpg

[PR]
by cocopuff1212 | 2008-08-29 01:59

Good-bye, Summer

a0106584_154275.jpg


Santa Cruz Beach Boardwalkにて。すぐそこは海。


**************

Eは今日からぴっかぴかの一年生!

去年のクラスでとても仲良しだったお友達四人のうち、三人とまた一緒のクラス。母としてはほっとしたようなちょっと残念なような(新しいお友達も作って欲しいから)。

しかしそれにしても、今日から6時間もずっと学校なのである。おおお。

たくさん見て聞いて学んでくるんだろうなあ。帰ったらどんなお話聞かせてくれるかな。楽しみだぁ~。
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-08-28 01:53

夏の名残にhipahipa!

a0106584_1132930.jpg


先日Costcoで買ったKona Brewing Companyのビール。

やっぱりおいしい!ハワイの味!夏の終りの幸せの象徴!…等々感想が色々あったので記事にしようと思っていたら、先を越されてしまった

このブリューワリーは直営のパブを二店持っているらしいが、そのうちひとつがオアフ島東側のハワイカイにあって、ワタシはその近くに住んでいたのだった。この店ではライブバンドの演奏もあったりして、ハワイアンバンドをやってる知人がそこでライブをやってたりしたのだった。あぁ~、懐かしい。

ハワイにはそう簡単には行けないが、Costcoでビール売ってるんなら簡単にハワイアンムードだじょ。


Costcoで売っていたのはLongboard(Lager)とFire Rock (Pale Ale)の12本ずつ、合計24本入り。しばらくぶりに飲んだPale Aleが結構(今のワタシには)濃かったのでちょっとびびったが、飲み方を考えたのち、

1)とりあえずビール!という気分の時や、夕方外出から戻って喉が乾いてる時などは、まずLongboardを一本開ける。
2)喉が潤って幸せがじわじわ体に染み込んできたら、おなかにものを入れる。
3)うーん、もう丸々一本も開けたくないけど、でもちょっと物足りないかなぁ…もうちょっと飲みたいなぁ…程度の所まで来たら、Fire Rock を開けて半分だけグラスに注ぐ。残りはオットに押し付ける(…までもなく喜んで飲んでくれることの方がもちろん多い)。

…という飲み方で進めると非常に具合がよろしいことを発見した。



今日はEの野球の練習にお茶も水も持っていくのを忘れたので家に戻ったときには喉が渇いていて、しかもMがピザを焼いて待っていてくれたので、この1-2-3のビール飲みステップが実に都合がよろしいのであった。

MとEは今夜庭でキャンプをするらしい。帰宅したらテントが張ってあり、Eは大喜び。

明日から三泊で週末旅行に出掛ける。願っていた通り、家族三人だけ。うれしい。車なので荷物つめも楽、出発時間も自分で決められるし、待ち時間なしと言うことなし。しかも戻ってくるまでご飯の支度もお皿洗いもベッドメーキングもなーんにもしなくていいのであーる。

火曜日の夕方か夜に戻ってきて、水曜日にはEはもう新学年。忙しいながらも楽しかった夏、終り方もニジュウマル。なのであった(あるかな?)。

(注:Hipahipa = ハワイ語。乾杯、Cheers!の意)
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-08-23 11:31

駆け足で過ぎていった夏

なんだかめっきり涼しくなった。十日予報でも最高気温が日曜の26度。朝晩は肌寒いくらいである。

日照時間は毎日二分ずつ短くなっていく。日が落ちるのも早くなって、7時を過ぎたらもうなんとなく暗い。

庭の菊の花も一気に咲き始めた。

これで周りの山々が次第にきれいに紅葉してゆくとか、そーゆー楽しみがあったら秋を迎える喜びももっと大きくなるんだけど。


**************

友人Dの癌手術・治療のその後の経過はまずまずなのだが、飲んでいる薬の副作用が原因でまた手術をすることになった。これは前から判っていたことらしく、10月に手術予定をしていたものの思ったより薬の影響が強かったので、8月中に手術をしてしまうことになったそうだ。

そんなわけで近所の友人グループ、再稼動。今日の晩御飯はワタシの担当。今週末か来週はじめにでも掃除の手伝いに再度伺うつもりでいる。

昨日夕食中にその話をしていたら、Eが言う。

「こないだ沢山買ったグリーンビーンズ、料理して持っていってあげなね。野菜だからビタミンたっぷりだよ。Dさんの体にいいよ。きっと元気になるよ。それからボクのチョコレートコインのお菓子(バイブルスクールでご褒美にもらったもの)、2枚あげていいよ。励ましになるだろうからね」

ありがとう、ムスコよ。Dさんきっと喜ぶよ。
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-08-21 02:22

Who are you rooting for?

オリンピック中継を観ようとテレビをつけたら、男子バレーボールの日米戦の真っ最中だった。

二~三秒迷ったが、そりゃやっぱり日本を応援するべきでしょう。

しかしムスコは明らかにアメリカチームを応援している。「僕らのチーム、勝ってるよ~、ママ!」…。

なんだかちょっと気がとがめて心の中だけで応援していたのだが、Eが「ほら、ママも応援しなきゃ!アメリカチーム!」と言うのでカミングアウトすることにした。「住んでるのはアメリカだけど、ママは日本から来たから日本のチームを応援するんだよ」。

しかし応援が足りなかったらしい。残念である。
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-08-19 07:02

Happiness is....

幸せとは…。


家族で一緒にご飯を食べること。

"To infinity and beyond!"と叫びながら自転車で舗道からジャンプするムスコを見る瞬間(「無限の彼方へ!」…『トイ・ストーリー』の中のバズ・ライトイヤーの決め台詞)。

ちょっと手に入らないビールを夕方の早いうちから飲みながら、夕食の準備をすること(4時。早すぎる?)。


**********************

久しぶりに家族三人揃ったので、食料の買出しにCostcoに出掛けた。そしたらなんと!ガソリンが!1ガロンたったの!$3.97!だったのであるよ!!!!!

1ガロン$4.00以下だったのがどのくらい前のことだったのか記憶にないくらい、最近のガソリンの値段は高かった。ひとつくらい用事があってもぎりぎりまで我慢して、三・四件ほど用事ができるまで外出を控えるくらい、燃料費高騰は我々の生活に影響していた。

そ、それが、なんとまた3ドル台!冗談抜きで、嬉しくて涙が出そうになったよ、ワタシ。迷わず満タンにした。

そしてそのハッピーな足取りで店の中を奥まで進んだら、なんと!Kona Brewing Companyのビールがあるじゃないの!

24本入りの箱の中は、Fire Rock (Pale Ale)とLongboard(Lager)が12本ずつ。その隣にあったSamuel Adamsを買おうと思っていたのだが、これまた迷わずKona Brewing Companyの方をカートに入れる。こういうのを箱買いっていうんだろうか?あ、Costcoは何でも箱買いか…。

晩御飯は車海老のグリル、輪切りのにんにくを混ぜて蒸したグリーンビーンズと、グリーンサラダ。そしてもちろんさっぱり白いご飯。

ぷはー。

ああ、幸せ。
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-08-17 09:25

It's the end of the summer

二ヶ月半あった夏休みも残りあと十日。旅行を二回、泊り客が二週間、バイブルスクールが一週間とすごーく忙しかった。再来週の水曜日には学校が始まる。まだまだ暑いけれど「夏」はもう終りだなぁ。

来週はゆっくりしよう。

かみしめるように時間を過ごせば、夏がもっと長持ちしてくれるかもしれない。


a0106584_6125655.jpg

Nedonna Beach, Oregon, July 2006
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-08-16 06:13

大いなるマーケティング作戦

最近こちらにも登場した『WALL-E』

うちは封切になった週末に観に行ったのだが、最近の子供向けの映画というのは、いや~もう本当に消費者にお金を使わせるようにできている。

映画が劇場にやってくる前からすでに、絵本やおもちゃやビデオゲームなどキャラクター関連の商品がお店にずらりと並ぶ。ファーストフードのキッズミールにも映画のキャラクターのおもちゃが付いていて、家族で店にやってくるように誘う。

うちのムスコは実はこの映画が劇場で観る初めての映画だった。『Cars』が封切された時に親子三人で観にいったら予告編の大きな音にびびって泣き出して、本編が始まる前にMとEは外に出るはめになったのだ(ワタシは残って最後まで観た。三人分の入場料の元をとるために)。

初めて劇場で観た映画、それが理由だからかどうかは知らないが、『WALL-E』はずいぶん印象に残ったようで、DVDが欲しいとかビデオゲームが欲しいとか、Eはここのところ訴えてくることが多かった。

そういった矢先に、三人グループで一緒に遊んでいた友達がふたりともWALL-EとEVE(映画の主人公と相手役)両方のキャラクター人形を持っているのを見て、それが欲しくて欲しくてたまらなくなったE。もうそれはそれは悲しそうにそして痛々しそうに、訴えるのなんのって。

DVDとビデオゲームはどんなに請われようとも絶対ウンと言わなかったが、Mの出張中はいつも(無意識に彼の留守の埋め合わせをしようとするのか)普段よりEに甘くなるワタシ。根気負けしたのもあって、今日お昼を食べたお店の隣のToys-R-Usで、WALL-Eフィギュアを買ってやった。$15.99する電池で動く大きいやつは値段枠外で却下。$6.99でWALL-EとEVEが両方そろうミニフィギュアのセットにするか、思い切って$10.99奮発して(!)WALL-Eだけのにするか。EVEのフィギュアもすごーく欲しかったらしいEは、少し悩んだ後「これにする」と、$10.99のものを選んだ。

そしてレジで並んでいた時から、もうそれは本当にうれしそう。こんな輝くばかりの笑顔はちょっとそこらで見ないんじゃないの、というくらいのまぶしい笑顔で喜ぶ、喜ぶ。「This is the best toy I've ever had!」(こんないいおもちゃはじめて)だそうで。よっぽど欲しかったんだな。

帰宅してからもずうううううっとこれで遊んでいる。さっきはWALL-Eが寒いからといってハンカチで包んでそれを輪ゴムでとめるのを手伝わされたが、リビングルームを覗いたら、クッションで作った秘密基地の中で、EはWALL-Eを抱きしめて横になっていた。「WALL-Eが昼寝するって」。自分とWALL-Eが一緒に遊んでいる絵なんかも描いたりして、か・な・り・入れ込んでいる模様。

なんだかほほえましくて笑ってしまった。まあ買ってやってよかったということにしておこう。

しかしこれだけ映画関連の商品が出まくると、商品を売るのが本来の目的で、映画自体は(巨大な費用がかかってはいるが)単なる広告なんじゃないのと思ってしまう。最近劇場映画は客足が減っているらしいから、他で利益を回復しようという気持ちは分かるけどね。

映画の内容にはもめんさんも少しふれているが、Eの感想は「悲しい映画」だった。ワタシは「希望のある映画」だと思ったのだが、よーく考えたら映画の最後の方で現れる希望の光がとてもはかないものであることに、子供なりの敏感さでEは気づいているのかもしれない。

『WALL-E』は他のPIXARものに比べると内容的に年齢が上。『レミーのおいしいレストラン』はちょっと無理がありすぎると思ったが、『WALL-E』はお話としてはよくできていると思う。これまでにリリースされたPIXARアニメの中で『トイ・ストーリー2』が100点満点だとすると、『WALL-E』には85点くらいあげてもいいかなと思う。もちろんあくまでも個人的な評価。

日本では12月に封切になるらしい。
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-08-14 06:04