人気ブログランキング |

PH4.4-7

The stockings were hung by the chimney with care*

a0106584_2222331.jpg



我々の住んでいるアパートは十九世紀後半に建てられたもの。大理石でできた素敵な暖炉がみっつあるのだが、なんと…使えない。

入居時に聞いた話だと、戦時中に建物の外の煙突がダメージを受けて、使うと危険な状態になってしまったのだということ。ホントかなあ…。もったいない。暖炉に火をつけるとみんなが集まってくるあの感じが好きなんだけどなあ。

カリフォルニアの家にはガスの暖炉があって、クリスマス近くは夕方になると毎日点けていたものだった。これがものすごくガスを食って、十二月から二月くらいまではガス代がとんでもなかったのだが。


おしゃれなだけでちっとも役に立たない現在の我が家の暖炉。それでもクリスマスシーズンだけは、ちゃんとお役目があるのだった。


クリスマスの習慣というのはそれぞれのお宅によってさまざまで、お話をうかがうと面白い。うちの場合、ツリーの下に置かれるプレゼントには差出人の名前が書かれているが、ストッキングの中のものは差出人不明。さらに言うと、ツリーの下には、ツリー自体を飾り終わったらすぐにでもプレゼントが並ぶが、ストッキングの中には、クリスマスイブの夜ムスコが寝てからでないとプレゼントが出現しない。ということは、ストッキングに入っているプレゼントは…。

うちではサンタクロースの話をあまりしないし(サンタクロースについての本を読んだりはするが)、「サンタより」と書かれたプレゼントも用意しない。「いい子にしてないとサンタさんが来ないよ」という脅しも使わない。サンタクロースの話になったら、否定はしないが肯定もしない。このように、サンタクロースに関してはずっとニュートラルな姿勢。そのせいかどうか、Perracheのクリスマス市でサンタクロースへの手紙を入れる郵便ポストを見たムスコ、全く興味を示さなかった。←なんとなく可愛くないなと思ってしまったのは事実です。


去年までは教会を通して恵まれない子供たちへのプレゼントを購入する機会があったのだが、今年はそれがないのが残念。「Daniel 四歳」とか「Jennifer 九歳」とか名前と年齢が書かれた紙をもらい、どんな子なんだろう、何をあげたら喜ぶだろうと考えながらプレゼントを選ぶ。一昨年からはムスコにお金をやって、一緒におもちゃ屋さんへ行った。「これで買える範囲で選ぶのよ」と言ったらそれはそれは真剣に棚に並ぶおもちゃを吟味していたものだ。

こういうチャリティー精神を育む機会というのが、アメリカでは豊富にある。教会に通っていればそういう機会はいくらでもあるし、クリスマス時期に限らず学校単位で募金が行われることも多い。そして募金・チャリティーのタイプも実にさまざま。小学校だとpenny driveと言われる小銭を集めるタイプのものが多いが、他にも例えば発展途上国に靴下を贈るので新品の靴下一足を持参して下さいとか、いかにも学校関係のチャリティーらしく、余裕のない学校に文房具を贈るチャリティーとか。

さらにアメリカでは、一般企業のチャリティー精神というのが発達していると思う。この時期、例えばBarnes & Nobleという大型書店では、子供の名前と年齢、そしてその子が希望する本の題名の書かれた紙を選んでレジに持っていくと、こっちは支払いするだけであとはラッピングから配達までお店側がやってくれるようになっていたり。おもちゃ屋さんの店先に大きな段ボール箱が用意してあって、清算済みの(ラッピングはしていない)プレゼントを寄付できるようになっていたり。社会意識が高いので有名なスターバックスにも必ずそういう箱があった。リヨンのスターバックスにもそういうのがあったらいいなと思ったのだが、先日チェックした時点では用意されていなかった。ちなみにクリスマス仕様のバリスタベアも売ってなかったのよ。毎年あれを見るのが楽しみなのに。



ちなみにワタシは、プレゼントは頂くのはもちろんうれしいが、あげる方が断然好きである。相手の好みを考えて、それでも自分では多分買わないだろうなと思われるものをとことん探す。これはワタシにとっては一種のスポーツなのである。しかも、お金を使うのに罪悪感がない。言い訳なしで必需品でないものを買い物できるなんて、こんなうれしいことがあるでしょうか。


a0106584_23182955.jpg







"The Night Before Christmas (A Visit from St. Nicholas)"


'Twas the night before Christmas, when all through the house
Not a creature was stirring, not even a mouse;
The stockings were hung by the chimney with care,
In hopes that St. Nicholas soon would be there;
The children were nestled all snug in their beds,
While visions of sugar-plums danced in their heads;
And mamma in her 'kerchief, and I in my cap,
Had just settled down for a long winter's nap,
When out on the lawn there arose such a clatter,
I sprang from the bed to see what was the matter.

Away to the window I flew like a flash,
Tore open the shutters and threw up the sash.
The moon on the breast of the new-fallen snow
Gave the lustre of mid-day to objects below,
When, what to my wondering eyes should appear,
But a miniature sleigh, and eight tiny reindeer,
With a little old driver, so lively and quick,
I knew in a moment it must be St. Nick.
More rapid than eagles his coursers they came,
And he whistled, and shouted, and called them by name;

Now, Dasher! now, Dancer! Now, Prancer and Vixen!
On, Comet! On Cupid! On, Donner and Blitzen!
To the top of the porch! to the top of the wall!
Now dash away! dash away! dash away all!

As dry leaves that before the wild hurricane fly,
When they meet with an obstacle, mount to the sky,
So up to the house-top the coursers they flew,
With the sleigh full of toys, and St. Nicholas too.
And then, in a twinkling, I heard on the roof
The prancing and pawing of each little hoof.
As I drew in my hand, and was turning around,
Down the chimney St. Nicholas came with a bound.

He was dressed all in fur, from his head to his foot,
And his clothes were all tarnished with ashes and soot;
A bundle of toys he had flung on his back,
And he looked like a peddler just opening his pack.
His eyes -- how they twinkled! His dimples how merry!
His cheeks were like roses, his nose like a cherry!
His droll little mouth was drawn up like a bow,
And the beard of his chin was as white as the snow;

The stump of a pipe he held tight in his teeth,
And the smoke it encircled his head like a wreath;
He had a broad face and a little round belly,
That shook, when he laughed like a bowlful of jelly.
He was chubby and plump, a right jolly old elf,
And I laughed when I saw him, in spite of myself;
A wink of his eye and a twist of his head,
Soon gave me to know I had nothing to dread;

He spoke not a word, but went straight to his work,
And filled all the stockings; then turned with a jerk,
And laying his finger aside of his nose,
And giving a nod, up the chimney he rose;
He sprang to his sleigh, to his team gave a whistle,
And away they all flew like the down of a thistle.
But I heard him exclaim, ere he drove out of sight,
"Happy Christmas to all, and to all a good-night!"

- by Clement Clarke Moore
by cocopuff1212 | 2009-12-14 18:44