PH4.4-7

タグ:衣 ( 12 ) タグの人気記事

シンデレラなワタシ

a0106584_23374525.jpg




王子様がひとめぼれするような美人でないことは確かである。でも足のサイズだけはシンデレラなのだ。日本サイズ22.5センチ、USサイズ5、EUサイズ35。小さい上に幅が狭くて甲が低い。「貧弱な足」という表現がぴったりなのである。

日本ではそれほど苦労した記憶はないが、
[PR]
by cocopuff1212 | 2010-06-03 22:35

ぴっひぴっち ちゃっぷちゃっぷ

a0106584_19221267.jpg



長靴を買った。



スカートに合わせてブーツみたいに履ける、ひざのすぐ下まで来る長いやつ。

これで雨の外出も大丈夫さ。
[PR]
by cocopuff1212 | 2010-03-26 19:27

スカートをはいて

a0106584_0455722.jpg


ちょっと季節がずれてるけど。スカートをはくと、こーゆー足元でスキップしながら外を歩くことができる。


今日は絶対スカートの気分。それも、コットンのふわふわ風にゆれる生地のもの。白いレースのものに憧れるけれど、すぐ汚すからワタシには絶対無理。

Eが小さかった時は、地べたに座ったり公園の遊具に一緒に登ったり、スカートはいてられない状況がほとんどだった。スカートやワンピースは、日曜日に教会に行くときかお呼ばれのときのみ。

でも今は違うもんね。普段にスカートがはけるんだもんね。


ペディキュアをネイビーブルーから赤に変えて、おニューのサンダルでお出かけする。探しものは、普段に被れる帽子。日差しが強くなってきたのでこれ以上顔にしみができないように(書いてて悲しい…)

可愛いのがみつかるといいなぁ。

a0106584_0454334.jpg

[PR]
by cocopuff1212 | 2009-05-09 01:02

With All The Frills Upon It

a0106584_624240.jpg




今年の復活祭は、四月十二日の日曜日。まだひと月ほど先ではあるけれど、First Day of Springが今月二十日の金曜日なのでいい加減部屋の飾りを春らしくしなくちゃなあと思い、ガレージの倉庫からイースター・エッグをひっぱり出した。



普通のたまごの大きさのものは、食卓に。うずらサイズのたまごはひとまわり小さいつぼに入れて、バスルームに飾る。


a0106584_6254644.jpg



定期購読している雑誌の四月号はどれもガーデニング特集。いつもなら「今年はどんな花を植えようかな~」とわくわくしながらページをめくるのだが、うちはもうすっかり引越モード。裸のプランターを見ながら、「もういいか、今年は何にも植えなくても…」と思ったりする。

ずいぶん長い間…
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-03-18 02:24

あめあめふれふれ

a0106584_243443.jpg



先日L.L.Beanから購入したE用の雨靴と雨用ジャケットが、昨日届いた。雨靴は、joliejollyさんの絵本に出てくる男の子が履いてるのとおそろい。



このあたりには珍しく雨降りが続いていて、今まで使っていた雨靴とジャケットがちょっときついかな~というサイズになっていたので新調したのだが、あーら不思議、そしたら急にいいお天気になっちゃった。そーゆーもんです、はい。

ジャケットはフリースのライナーがついていて袖を通しやすく、夏、雨でじめじめしていても半袖ででむき出しの腕にナイロンがべとっとひっついたりしない。ぺらぺらじゃないので反対に冬にも着ることができる。

長靴もジャケットも、色は他にも沢山あったけれど、雨用はやっぱり黄色でなくちゃね。清く正しい日本の雨降り用具って感じがするもんね。住んでるの日本じゃないけどさ…。
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-03-13 02:26

ジーンズ、二本釣れた。

久しぶりにジーンズを二本購入。

前回失敗して懲りたと思ったのがちょうど一年前。ほとぼりが冷めたので再度チャレンジ(懲りてへんがな)。

今回はGAPに直行して、すぐ店員さんに相談した。ウェストは太いんだけど、ヒップと太もも・脚全体が貧弱な体型に合うもの。そんなのあります??? そしたら何本か薦めてくれたものの中に、こんなワタシの体にでも合うものがあったのだ。細身にカットされたストレート。背の低い人用の長さじゃなくてレギュラー丈だからワタシには長いのだけど、ストレートだから裾を折ればいいだけ。


もう一本、これは同じ体型の悩みを持つ女性とジーンズの話になった時に「リーバイスのボーイズから探すといいよ」と教えてもらったので、近くに用事があるときにお店を覗いてみたら、あったのよ、サイズも長さもぴったりのが。赤タブの511スキニー。そうか、ボーイズ、こういう手があったのか。子供用品売り場から服を探すことはあったけど、いつも女の子のコーナーしか見てなかったわ。目からうろことはこのことである。


GAPの方は$59.90、専業主婦のワタシ基準で言うと決して安くはない値段なのだけれど、ヒップがきっちり合うジーンズなんてン年振りなのである。奮発(おおげさ)しようと思った。リーバイスはSears(これも目からうろこ!)でメーカー標準価格$38→Sears価格$26.99→セールで$20.99というとんでもないお値段で、罪悪感低し。低迷する地元経済を活気付ける意味でも、このくらいの出費はいいことにしよう、うん。




しかし新しいジーンズというのは、なんだかちょっと恥ずかしいのであった。せっせとはき込んで、くたっとさせたい。

ジーンズの着こなしで
[PR]
by cocopuff1212 | 2009-03-02 11:15

セーター狩り

りんご狩りや紅葉狩りができない南カリフォルニアに住むワタシの秋の楽しみは、Anthropologieにセーターを見に行くこと(ははは)。

ここの洋服はプロパー値では大幅に予算外なので、セールになるのをじっくり待ちながら何度も何度も足を運ぶ。その甲斐あって(?)、袖を通すだけで心がうきうきするような秋らしいカーディガンを、おっと思うような値段で手に入れることができた。

ざっくりと編まれた七部袖の、濃いめのピンクと茶色のストライプ。ボタンの代わりにお花のアップリケがついていて、裏側に隠されたスナップで前をとめるようになっている。肩にもおなじ毛糸の花のアップリケがいくつかあしらわれていて、ださ可愛のツボ、ど真ん中。こういう手編みのいかにも「おかーさんが編んでくれました」風のセーターが、ワタシは大好きである。実際に小さい時、母の手編みでこういうデザインのセーターを、二・三枚は絶対持っていたにちがいない。

このカーディガンはもともと$128だったもので(ワタシだったら絶対!そんな値段では買わない)、それが$69.95に下げられていて(半額なのは分かるけど、うーんそれでもまだちょっと高い)、それがさらに$29.95に下げられていたのである。実際それでも結構迷ったんだけれど、買っちゃったよ、やっぱり。

車社会だしそんなに寒くならない南カリフォルニアでは、ちょっと厚めのセーター類が大活躍する。コート代わりにさっと羽織って、足取りも軽く出かけよう。
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-10-09 02:30

幻のバッグ

お洒落な人というのはシーズンごとに着るものだけでなく靴やバッグも新しいものに変えたりするんだろうが、この定義でいうとワタシはお洒落ではない(いや、この定義でなくてもお洒落ではないが)。

靴は小さすぎる足が問題で買いたくても買えないのだが、日常使いのバッグもエコバッグは別にしてもう4年くらい新しいものを手に入れていない。普段使っているのは秋冬用のものがひとつと春夏用のものがひとつ、このふたつだけで、寒くなってきたな~とかそろそろ春だな~と思ったらチェンジするだけ。他にも以前使っていたものが山ほどあるので飽きたらたまに入れ替えをするのだが、このふたつはお気に入りでどうしてもここに戻ってきてしまう。

これらのバッグが何故そんなに気に入っているかというと、ワタシのために日本にいる妹が手作りしてくれたものだからなんである。秋冬用のはもう随分前にクリスマスのプレゼントか何かで送ってくれたもので、ゼブラ柄の起毛生地でできていて派手そうに見えるのに実はどんな服にでも合う。肩からかけるとひじと肩の真ん中あたりにちょうど気持ちよく収まる長さで、ストラップ部分の幅も広いので長時間持っていても疲れないスグレモノである。

春夏用のはこんなのが欲しいとこちらからリクエストして作ってもらったもので、これは送ってもらったんだったか日本に帰った時に縫ってもらったんだったか記憶がないが、色も形も大きさも使い勝手もすべて百点満点のスグレモノNo.2。友人や通りがかりの見知らぬ人からよくほめられる、自慢の品である。

このふたつがあまりにもツボにはまったものであるせいか、新しいバッグが欲しくないわけではないのだが次のお気に入りがどうしても見つからない。

実は去年の秋に一度だけ、よく通っていたインテリアショップでみつけたシルクの斜めがけバッグを買ったことがある。デザインと色と手ごろな値段に魅かれて購入したのだったが、なんと買った一週間後にべろりと破れてしまった。不良品かと思いお店に持って行ったら、かなり渋った後同じバッグをもうひとつ奥から出してきて交換してくれた。そしたらその2週間後くらいにこの二代目もべろりと破れてしまったのだ。そんなに重いものを入れたわけでもないし、乱暴に扱っていたわけでもない。要は品質の問題だったと思う。

そんなこともあって再び例の定番バッグに戻ったワタシだが、バッグに求めるものは次の通り。

1. 大きすぎず小さすぎない。

ゼブラのは30センチX30センチ、厚みが7センチ。小さいコドモがいると荷物が多いが、このくらいの大きさだとある程度の荷物をいれることは可能、しかし大きすぎないのでものを入れすぎてバッグが重くて大変…という状況になることがない。

2. 丈夫しかしあまり上等な素材でない。(ってことはお値段が高くない。)

ワタシのバッグは公園にいって砂場に置かれたり、ムスコの泥だらけの手や食べ物で汚れた手で触られたりする。時にはムスコの枕になったりすることもある。皮革のもの・高級品を使うのはアホラシイだけ。

3. 両手が自由であってほしいのでショルダー掛け。

4. スリにあったことがあるし、きちんと閉じないと中身がぼろっとこぼれるからファスナー開き。

5. やっぱり可愛くなくちゃ。

必須項目はこれだけなんだけど、ピピンとくるバッグに未だ出会ってない。また新しいのをリクエストしようと思っていたのだが、頼みそびれていたら妹はほぼフルタイムで仕事を再開してしまい、多忙・疲労でバッグ製作どころではない様子。

そんなわけで幻のバッグ探しは続くのだった。どこかにいいの落ちてないだろうか。
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-04-25 14:11

どうでもいいこと色々

*先日近所の友達に木のしゃもじと巻き簀のセットをもらった。ご飯をよく炊くと言ったらじゃあお寿司を作ってねと言ってプレゼントしてくれたのだったが、うちはいつもジャスミン米なのでお寿司は作れないのよ~。おにぎりだって作れないのよ~。…というのを未だに彼女には言ってない。でもきのうの夜この木のおしゃもじでご飯をよそったら、なんだかいつもよりおいしい気がした。

*Eのマイブームのひとつ、チェス。今日もまた負かされた。彼が天才チェスプレーヤーというわけでは決してない。母親の技術があまりにも情けないのである。毎日指していて彼は上達する一方なのにこっちは停滞どころか後退気味なのは、やっぱり歳のせいか?

*15年以上履き続けたフラットシューズがもう限界で、日本基準でも足の小さいワタシは去年あたりからずうううううううううっと靴探し放浪の旅を続けていた。でも!今日!サイズ5の黒のバレエフラットをオンラインで見つけたんである。う、うれしい。あまりにも普通なデザインが返って可愛い。ジェシカシンプソンのブランドのもので、Zappo.comから送料無料で翌日配達。$64だった。高すぎない値段もうれしいよん。

Anthropologieで春らしいブラウスを1枚買った。身頃が紺白のストライプのカットソー、袖は薄いポプリンの花柄で背中でリボンを結ぶようになっている。でも水を通したらストライプの紺色が落ちて白い部分がなんとなく汚い色になってしまった…。文句いいに行くか、目をつぶって着るか、迷っているところ。だってセールで半額になる前から欲しかったブラウスなんだもん…。
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-03-13 06:35

ジーンズ哀歌

自分の体形がジーンズに合わないというのをなんとなく感じ始めたのは4~5年前のことだったか。それから何度かギブアップ、やっぱりもう一度チャレンジしよう、いやあやっぱり似合ってないわ~今度こそ潔くギブアップしよう、あ、でもセールになってるからもう一度だけ買ってみよう、うーんやっぱり似合わなかった…を繰り返してきた。

そんなわけでここしばらくジーンズは買ってなかったのだけれど、Bananarepublic.comでレギュラーじゃなくプチサイズのジーンズがセール価格になっていたのを見つけてしまった。う~んどうしよう。後ろポケットのデザインがちょっと凝ったのと、ごく普通のデザインだけれどインディゴの色合いがとってもよさそうなものと、ちょっと迷ったけど結局2本買ってみた。

結果は…やっぱり似合わなかった(泣)。

私の体形の何が問題かというと、はっきりいって寸胴なのである。全体的には太いほうでないと思うがウエストのくびれがなく、アメリカサイズでいうとウエストのみがバストやヒップに比べてワンサイズ上。ヒップに合わせて買うとウエストがきつすぎるからウエストに合わせて買う。そうするとおしりの部分が大きすぎてだぼつくというわけだ。

大体ジーンズはヒップがきちっと合ってないとかっちょ悪い。それだけでもジーンズNGだと思うが、私の場合さらに足の長さがレギュラーサイズとプチサイズのちょうど間くらいというハンデも抱えている。レギュラーだと長すぎる(アメリカにはジーンズすそ上げサービスはない)、プチサイズだとちっと短かすぎる。はだしでサンダルの夏ならいいが、冬はこのハンデのせいでジーンズのすそからブーツのヒールが見えすぎるというNG二連発を犯してしまう。

この辺は場所柄LAセレブ風のかなりお高そうなジーンズをむちゃくちゃセクシーに着こなしている女性が多い。若い人とは張り合う気なんかまったくないが、学校の送り迎えの際に見ると、小学校高学年の子供がいるお母さんでもみんなヒップがきゅっとしまった素敵なデザインのものをヒールの高いかっちょいい靴に合わせてはいているのである。

う~ん、まあ比べること自体が間違ってるとは思うんだけど…(だってみんな私よりずっと歳下だし…←言い訳)。

このジーンズディレンマをMに話したら、「じゃあ運動してウエストを引き締めればいいのだよね」と簡単に言われてしまった。まあそりゃそうなんだけれどォ… ぶつぶつ。

ここに引っ越してくるまで全くと言っていいほどはいたことのなかったスウェットを最近よくはくようになって、ウエストの締まりは鈍くなるばかりである。まずい、まずいぞ。しかしどういう運動をしたらいいのか考えるより、どういうスタイルの服で体形をごまかすかということの方に頭が行ってしまう。

この歳になって着るもので苦しい思いはしたくない。Life is uncomfortable enough without uncomfortable clothes. だと思うのである。まあそんなところだから、年齢のせいということで、許してね。
[PR]
by cocopuff1212 | 2008-02-26 08:43