PH4.4-7

タグ:子 ( 87 ) タグの人気記事

Warhammer

a0106584_16284155.jpg



最近のムスコのマイブームは、Warhammerという戦略シミュレーションゲーム。

と言っても、まだゲームで遊ぶところまでたどり着いていない。先だって初心者用セットを購入したばかりで、現在フィギュアをペイントする作業の真っ最中。


a0106584_16292620.jpg




細かい部品をペンチで切り取って、


a0106584_16294770.jpg




下地のペイントを塗って乾かしてから、好きな色で飾る。フィギュアひとつひとつは四つか五つほどのパーツからできていて、ペイントが乾いたらボンドでくっつける。小さいパーツは左手のピンセットではさんで右手の筆で色を塗る、ボンドで接合する際もピンセットが必要など、細かい作業が多い。

最初のフィギュアはおとーさんに手伝ってもらったが、コツが分かったので今はペンチを使うのも細ーい筆で色を塗るのも全部ひとりでやる。自分でできるというのはやっぱりうれしいみたいだ。




で、このゲームなんだけど。市街地にあるゲームショップをのぞいたらででーんとディスプレイされていて、沢山の男の子(三十歳以上男児も含む)がそりゃもう真剣にプレイしていた。英語のできるお店の人に簡単にルールやセットの発展の仕方などを説明してもらったら、欲しくて欲しくてたまらなくなっちゃったオタク傾向のあるうちのムスコ。

家に帰って貯金箱の中身を数えたら20€ちょっと。毎週もらうおこづかいを他のものに全く使わなかったら、一番ベーシックなスタート用のセットが買えるだけ貯まるまでンヶ月...という話になって、自分自身もオタクなおとーさんが、「じゃあスタート用のキットだけ買ってやる」と言ったのだ。ルールブックが読めないと困るので、インターネットでアメリカから購入することにした。フランスで買うよりかえって安くついたのはちょっとしたおまけである。

しかしこの手のシミュレーションゲーム、こういう画像を見たら分かる通り、はまっちゃったら$90や$100どころじゃあすまないのだ。まあここから先は自分のおこづかいでまかなえる範囲ということになっているので、そんなに急にパーツが増えるわけではない。しかし、出しておかないとプレイできないところが、これからの対策に悩む部分である。レゴで時間をかけて作ったものはすぐに壊すとかわいそうなのでしばらく出したままだし、モノポリーも終わんないから床に広げたまんまだし。まだこのゲームで遊んではいない今だって、ペイント時に汚れないよう食卓の一部をクラフト紙とクロスで覆ってあって、塗料と筆がセットされたまんまだし…。

こうやってどんどんどんどん、触ったら広がっていく皮膚病のように、家中のスペースが「食われていく」のである…。




ずどーん。




a0106584_16305248.jpg

[PR]
by cocopuff1212 | 2010-06-10 23:05

春休みプロヴァンス旅行レポート・そのご マルセイユ カシ 

a0106584_1538125.jpg



レポートももう飽きてきたので、さらっと流すことにします。
読んでる方はもっと飽きてるんだよ!という声が聞こえます。そうでしょう、そうでしょう。


a0106584_15384547.jpg



マルセイユに行った日はとてもお天気がよくて、汗ばんだほど。

旧港の周りをぷらぷらと歩いたりフェリーに乗ったりした後、地図を見て「この公園、よさそうだよ」というオットについていったら、大当たり。Jardin du Pharoからの眺めは確かに素晴らしかった。



a0106584_15392342.jpg



丘の上から旧港を望む。スタンレーと一緒に記念写真。


芝生が広がっていてベンチも沢山あって、実に感じのよい公園だった。観光ガイドには載っているけれど、旧港から離れているし坂を上っていかないといけないせいか、観光客らしい人は少なかった。芝生に座ってお昼のサンドイッチにかじりついている人たちは、服装からして近くのオフィス勤めという感じだったし、家族連れも毛布とお弁当持参でどうもローカル風。我々も一緒に、持ってきたバゲットとポテトチップスで軽~いお昼にした。


a0106584_1539489.jpg



ちょっとそろそろこういうことをするのは止めて欲しいなぁ。オットがぎっくり腰にでもなったらどうしようとハラハラする。

でも肩車もこれが最後かな~…と思ったので、ここでも証拠写真を撮った。前方に写っているのはNotre Dame de la Garde


ハーバー沿いのレストランでもっとちゃんとしたお昼を食べたあと、「素敵なところだから」「絶対行ってね」とお二方から薦められていた、カシという漁村に向かう。やっとこさ車を停めて港まで歩いていくと、お土産物やさんやアイスクリームのお店、カフェなどなど可愛らしいお店がずらずらっと並んでいて、かなりの数の観光客で大賑わいだった。



a0106584_1540826.jpg




午後二時という時間帯のせいで、陽射しが強くて暑いくらい。ムスコの帽子は用意したが、オットの日焼け止めを持ってくるのを忘れた。十点減点。


海だ海だ~とおおはしゃぎのムスコ。ここで一時間くらいこうやって遊んでいたかなあ。

他にもこの小さな村の小さなビーチにものすごい数の人がいて、ぴちぴちビキニのお姉ちゃんや、子供をまっぱだかで水遊びさせているお母さんなんかがいた。ぴちぴち海水パンツのおじさんも、いた…。


a0106584_15412794.jpg



ショップの並ぶ表通り(小さいけど一応表通り)やビーチは混んでいたけれど、ちょっと港を回って向こう側に行くと一気に人が減って、いかにも「観光で訪れる正しい小さな漁村」風。


a0106584_15415533.jpg



カシに行ったらぜひ、と言われていたカランクめぐりは断念した。カランクというのは断崖がせまる入り組んだ入り江で、遊覧船が出ていて海から眺めることもできるしハイキングコースを歩いて行って足でエンジョイすることも可能。とにかく絶景だそうで見てみたかったのだけれど…。


a0106584_15421917.jpg



遊覧船の窓口にはかなりの人が並んでいたし、波のある場所で船というのがワタシは絶対だめ(川下りなら大丈夫)。ハイキング対応の靴でもなかったし。また来る機会があったらハイキングの方にチャレンジしてみたい。



a0106584_15432644.jpg



そして翌々日に出かけたのは、Sausset-les-Pinsというこれもマルセイユから遠くない漁村。あいにくのお天気がかえって新鮮だった。こういう曇り空で肌寒い海辺が、ワタシは案外好きなのだ。


a0106584_15441513.jpg



ポツポツと苦にならない程度の雨で、雨靴持参で準備万端だったムスコとワタシは嬉々として浜辺の散歩。ムスコは流木集めに、ワタシはビーチグラス拾いに精を出す。


a0106584_15434939.jpg



この日はスケジュールに無理をせず、出かけたのはこの小さな漁村だけ。ぶらぶら歩いて、ゆっくりお昼を食べて、またぶらぶら歩いてからゆっくり宿に戻る。夕食はレストランに予約を入れてあって、二十時開店と遅いので昼寝をして準備。


おとーさん、毎日毎日運転お疲れさまでした。ありがとう。



a0106584_1716264.jpg

[PR]
by cocopuff1212 | 2010-05-20 17:43

どんな高価な花束よりも

a0106584_16234762.jpg




少し前、「cocopuffさんの写真はなんで全部縦長なん?」と聞かれたので、苦手な横長写真を頑張って練習しているこの頃。どうも、どう構図を定めたらいいのか分からないのですよ。なんか間が空いちゃうの。


この写真、画面で見て「あら、わりかしよく撮れてるじゃん♪」と一瞬思ったのだが、この手はどう見てもムスコの手じゃなくてワタシの手。乾燥してるしシワだらけだし。

ってことはムスコの撮った写真なのだ。ず~ん…。



「おかーさん、はい、これ」って、花摘んでワタシにくれるの、いつまで続くかなあ~。
[PR]
by cocopuff1212 | 2010-05-08 16:32

ほんとにもう

a0106584_15324426.jpg



ここんところくでもないことばかり続いていて、気分が沈んで地中三十メートルくらいに埋まっている。

お湯と暖房は七日目にしてやっと直ったので、寒かったことも一週間シャワーを浴びられなかったことも忘れてやろう。こういうことは不便だし腹が立つが、将来に影響はない。

本当に困るのはムスコの学校関係のことである。

事務関係もずいぶんいい加減だが、それよりなにより学業面に関しての連絡がきちんととれていない。むこうは「ちゃんと連絡したじゃん」と思ってるに違いないが、こっちにしたら「こんな連絡の仕方で分かるわけないじゃん」。そのアバウトさ加減は、結構なんでもカジュアルでアバウトなアメリカから来ている我々にもびっくりなのである。

そして、これが原因で例えば宿題を提出するのが遅れたら、成績に響いて被害を受けるのは究極的には子供なのである。

本当は今すぐにでも荷物まとめてカリフォルニアに戻りたい気分なのだが、そういうわけにもいかないので、とりあえず今学年は今の学校で終わらせる。そしてワタシが心配で仕方ない勉強の面と、ムスコ本人が苦労しているお友達関係・精神的な面と、その他諸々インパクトを受ける部分を考慮して、今後の方向を決めたいと思う。
[PR]
by cocopuff1212 | 2010-04-02 16:02

天気予報にだまされて

a0106584_20205646.jpg



三月真ん中の日曜日。暖かくなる予報だったので、自転車に乗って春を探しに出かけることにした。


a0106584_20223878.jpg



しかし…どどーんと暗い空。

沢山着込んで帽子・手袋・マフラーで完全装備だったが、実はそれでも寒かった。




春はどこだぁ~。

あ… 見~つけた!



a0106584_2032046.jpg




月後半から気温が一気にあがるそうだし、あと一週間もしたらもっと春らしくなるだろう(と思いたい)。


長い丸太を切っただけのベンチを見つけた。うわぁかっこいい~こんなのうちにも欲しい~と思ったが、座り心地はあんまりよくなかった(笑)。


a0106584_20335073.jpg



そして、ここでおやつにと思いバッグからクロワッサンを出したら、ぺっしゃんこにつぶれていて全然おいしくなかったのだった。

クロワッサンって、バターと空気でできていたのね。
[PR]
by cocopuff1212 | 2010-03-15 21:17

花粉症リヨン版

a0106584_21292967.jpg




スキー旅行にいくちょっと前から、ムスコがちょっと気になる咳をするようになった。


夜、寝床に入ったときにひどくなる咳で、咳以外の症状がなかったので、風邪かなあ、様子をみるしかないなあと思っていた。そしたら旅行後の初登校の日、帰りのバスから降りたムスコを見て「ありゃ~花粉症だったか」と分かった。くしゃみ連発しながら降りてきた彼の目は真っ赤でどどーんと腫れている。ほっぺたはくしゃみで出た洟を一日中こすったのでこれも真っ赤。

そしてその日からの咳が、頻度も、そして胸からこみあげてくるような音も、息苦しそうな感じも、見ているだけでもう涙が出そうなくらい。


その晩は親子ともほとんど眠れず翌日すぐ医者に連れて行ったが、最初にもらった薬のうちひとつが全く合わず飲んだ瞬間とんでもないことになり、その翌日また医者に行って違う薬を処方してもらった。そして二・三日して咳の頻度が少し落ちたのはいいのだが、咳き込んだときの「息ができない度」が悪くなる一方で、しまいに咳き込むたびに吐くようになってしまった。

再度医者に行くと、「肺がやられて喘息になっています」とのこと。これは初回と二回目の診断でも言われていたのだが、抗生物質と花粉症の薬しか処方してくれない。

カリフォルニアで通っていた小児科の先生は毎年この時期吸入器を処方してくれていたので、今度のドクターにも吸入器の処方はないかと聞いたら、「アレルギー専門のドクターの診断なしでは処方したくないんです」と言う。専門医への紹介状を書いてくれたのはいいが、この専門医、きのう電話してやっと取れたアポがなんと来月の八日。

フランスでは専門医のアポをとるのがとにかく大変だそうで、婦人科などは二ヶ月以上待つのはざらだと話に聞いて知ってはいたのだが、えっと、あの、うちの子、呼吸できなくて吐いて苦しんでるんですが、ひと月待つんですかい?

その間、吸入器も処方してくれないんですかい?


ちなみにこのドクターは英語が随分流暢なのだが、三度目の検診にオットに同伴してもらって初めて分かった事実なんかもあったりして、流暢とは言ってもやはり彼女にとって英語は外国語、オットの仏語はビギナー(ワタシはほとんどダメだし)、これからもっと込み入った話をしなければならなくなったら困るなあと、ちょっと不安になった。

症状とか、どんな風に痛いかとか、詳しい診断とか、薬の種類とか飲み方とか、母国語でもちゃんとコミュニケートするのが大変なのに、今度は外国語というフィルターを通して行わないといけないのである。ま、不安がってばかりいないで頑張らなきゃいかんわな。ムスコはおとーさんとおかーさんを頼るしかないんだもんね。


ちなみにワタシ自身は、今のところほとんど花粉症の症状が出ていない。実にラッキーである。

そんなこんなで
[PR]
by cocopuff1212 | 2010-03-11 23:23

夢のGDI鉄道

a0106584_14474.jpg



運転手は君だ、車掌は僕だ~♪

...あ、違った。それはバスだった。


a0106584_144257.jpg




GDI鉄道では、ただ今冬季オフシーズン運賃二割五分引き(細かい…)のサービスをさせて頂いております。

キャンペーン中の保存版チケットのデザインは、日・米・仏のマルチ文化の影響をさらりと表現する有望若手アーチスト、E・Tiberiumの手によるものでございます。


a0106584_1444631.jpg



広々とした車内には、ゆったりとしたラウンジスペースにゲームや本・雑誌等のご用意、


a0106584_1445821.jpg




また最後尾の車両は座席をすべてはずし、座りどおしの長旅でお体が疲れませんよう、フィットネス・スペースをご用意いたしました。今期はバレーボールコート、来期はバドミントンコートをご用意させていただく予定でございます。



身長三十センチ以下のお客さまは、期間中さらに半額割引のサービスをさせて頂いております。

皆さまどうぞお誘いあわせのうえ、GDI鉄道をご利用くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。



では、発車いたしま~す。


a0106584_145918.jpg

[PR]
by cocopuff1212 | 2010-02-19 02:06

雪の結晶

a0106584_5294770.jpg



三角になるように紙を折って、切り目を入れる。


a0106584_530441.jpg



破れないようにそうっと開く。落ち着いて、ゆっくり、そうっとね。


a0106584_5302056.jpg



今回のはこんな感じ。


a0106584_5303522.jpg



きれいに平たくして、窓にテープで貼る。

向こうの部屋の窓にも何枚か貼られているの、見えますでしょうか。
[PR]
by cocopuff1212 | 2010-02-12 05:25

ガレット・デ・ロワ

a0106584_1856232.jpg




どこに行っても目に付いて仕方ないので、買いました。ガレット・デ・ロワ


a0106584_18562394.jpg



初めてなので正統派でいいものをと思い、ピニョールで購入。ここのは他のどこで見たものよりも薄くて、厚み一センチあるかないか。これをピザの箱みたいなのに入れてくれるのかと思ったらそーじゃなくて、マチのない袋に縦に裸のまま、すっぽりと(!)。段ボールみたいな支えは一応付いてましたが、そーゆーもんなんでしょーか。いや、そーゆーもんなようで、これをぶらさげて帰宅する間に、おんなじような袋を縦にぶら下げている人何人もとすれ違いました。


それより。オットが三人分は食べるので六人分のを買います…なーんて冗談を言ってたら、ホントに六人分サイズを買う羽目になってしまった。これより小さい四人分の大きさのは売り切れ。ひとり分の一枚直径十二センチくらいのものもあったのだけれど、それだと切り分ける楽しみがないのでつまんないな~と思って、このサイズのにした次第。



オットにフェーヴの存在を説明したら目を輝かせた。当てたかったらしい←爆。

ワタシ:「ちゃんとEのところに行くように切るんだよ!」
オット:「そんなこと言ったって、どこにあるか判らないのにどうやって細工するんだよ」

…とこそこそ会話していたら、ナイフを入れたオットが一瞬手を止めてワタシの方を見る。ちゃーんとナイフが当たってくれたらしい。よしよし。


おいしいねえ~と言いながらばくばく食べていたムスコが「あっ!」と声をあげた。「当たった~!」


a0106584_18564315.jpg



なんの形だろ。わくわく。


a0106584_18565827.jpg



お店のロゴがはいった平たいフェーヴ。下半分に描かれた絵は、リヨン市内ベルクール広場のルイ十四世の騎馬像の前から、西方面にフルヴィエールのノートルダム大聖堂と電波塔Tour Métalliqueを眺めたところ(のシルエット)(←どうでもいいが説明が長い)。この風景、ホントに見られます



もちろん六人分いっぺんには食べられず。翌日残った最後の一切れを食べていたら、フォークにかちんと当たるものあり。わ~、もう一つ入ってた~♪ 色違いでおんなじデザインのフェーヴ。大きいのを買うとおまけが入ってるもんなんでしょーか???


お味の方はというと、パイ生地のあまりのおいしさにワタシ、もうびっくりいたしました。甘いものは苦手で食べつけておらず他と比較するのは無理なのですが、さくさく、しかしながらしっとりで、ひと口食べて目が丸くなりました。お皿に残ったパイくず(というのか?)もぜーんぶフォークでかき集めて食べたくらいです。今度パイが食べたくなったら真っ先にここに行こうっと。



ええと、それで、食べ散らかしのお見苦しい写真で気分を悪くなさった方もいらっしゃるかと思いますが、うちは食べ物の写真が売り物ではないのでご勘弁下さい。口直しをせねばと思われた方は、こちらでもっときれいなガレット・デ・ロワの写真をご覧下さいませ。
[PR]
by cocopuff1212 | 2010-01-08 21:43

ぶるぶる…

a0106584_17145433.jpg



今朝の通学風景。


朝起きたら十センチほど積もっていてEは大喜び。出かける時間になって外に出たらまた降り始めていて少々びびる。Eは雨靴以外の防水靴を持っていないのだ。ああ、買ったばかりの100€もした革の靴が…(このあたりは子供靴が高い!)。



歩いて食料の買出しに行くのにはすっかり慣れたが、雨降りの日や、こんな風に歩道に雪がけっこうどっさり残っている日は、あ~車ですっとスーパーに行って自宅の屋根続きの車庫からすっと荷物を下ろせるアメリカでの生活が恋しいなあ~と思ってしまう。


今日の晩御飯…スパゲッティと瓶入りのトマトソースで済ませていい?こういう時のための買い置きよね?


a0106584_17173621.jpg

[PR]
by cocopuff1212 | 2010-01-04 17:49