PH4.4-7

Broadway Market, London Fields

a0106584_616886.jpg




ロンドンに行く機会があったらぜひ行ってみたいと、ずううっと前から思っていたのがLondon FieldsにあるBroadway Market



a0106584_692491.jpg




夢がかなって行くことができた。想像していたより小さかったけれど想像していた以上に素敵なところ。

が、実はあやうく行き損ねるところだった。



a0106584_6536100.jpg




ロンドンへは朝早い飛行機で行って初日から歩き回ろう...というプランだったのだが、どうもムスコの調子が悪い。微熱があったようなのである。

十時半にはホテルに着いたが早めのチェックインをさせてもらえなかったので、荷物だけ頼んでとりあえず何か食べに行こうと近くで店を探す。朝から何も食べていなかったにもかかわらず、ムスコ食欲全くなし。


お昼すぎにホテルに戻り、頼んで部屋に入れてもらう。ムスコ、ダウン。仕方ないのでワタシは一緒に部屋に残ることにして、オットだけ辺りを散策しに行った。ここでムスコが結構長いこと寝たので結局初日は観光らしきことは全くできず、晩御飯を食べに再度外に出て終わり。



a0106584_673717.jpg




残されたのは丸々二日だけだったので、他にやりたいこと・見たいものを考えると、マーケットはあきらめるしかないかなあと思った。しかも、ホテルのコンシェルジェに地図を見せて行き方を聞いたら、「最寄の地下鉄の駅が遠いですねえ。地下鉄降りたらタクシー拾わないと」と言うので、ちょっとめんどうかなあと思ったのである。駅を出てタクシーが見つかるかどうかわかんないし、ムスコの具合よくないしね。


a0106584_661584.jpg




案の定翌朝ムスコはまだぐずぐず言っていたが、朝食を食べながらオットが「マーケット行きたいんでしょ。行ってみようよ。こういう観光客があんまり行かなさそうな場所、面白いと思うよ。タクシー拾えなかったらEは僕がおぶって歩くから」と言う。こういうあたり、この人「僕について来い」的で頼もしい。



a0106584_69657.jpg




ムスコに解熱剤を飲ませ(こんなこともあろうかと荷物に入れていた)、Googleの地図を握り締めてBond Street駅から地下鉄に乗り、Bethnal Green駅で降りる。流しのタクシーなんて、ないわな、そんなもん。でもバス停があった。そこでバスの路線図と持参したGoogleの地図を見比べて、オットが「このバスに乗ろう。マーケットの方角へ行くよ」

しばらく乗ってから「降りるよ~」というオットに従ってバスを降りて、言われる通りの方角に歩いていたら、あったのよ~、Broadway Market!


うちの人の方向感覚は実に優れているのだ。そう言えば昔ふたりで京都に行ったとき、ワタシが案内していたはずなのだが迷子になってしまったことがあった。そのとき、街中の掲示板の(表示は日本語のみの)地図と持っていた(日本語の)ガイドブックを見比べて目的地へちゃんと誘導してくれたのは、日本語は全く読めないオットであった。


ワタシ、一生アナタについて行きます!



a0106584_694535.jpg




マーケットに着いたのはちょっと早い時間で、準備中のお店もあった。でもすでにおいしそうな匂いが...。


a0106584_6121736.jpg




一週間ほど滞在する予定でキッチンのあるアパートかなんかを借りてるんだったら、ここでどっさり食料を買い込んだにちがいない。


a0106584_610059.jpg




しばらく歩いて見て回ってから、ものすご~く久しぶりのベトナム・サンドイッチで早めのお昼。こういうサンドイッチを、ホノルルのダウンタウンで仕事していたときに毎週一度は食べたなぁ。しんみり...。



a0106584_6102086.jpg




このマーケットにどうしても行きたかった大きな理由が、この方。



a0106584_613068.jpg




Coco & Meのたまみさん

以前からあっちこっちでお見かけしていたし、ブログの画面からにじみ出る明るいポジティブな人柄のファンだったのだ。



a0106584_613593.jpg




最近はまた別の大好きなブログ記事に登場してらして、これを読んだ時点でオットの英国出張の日程は決まっていて「ロンドンへ一緒に来ないか」と言われていたので、「これはたまみさんに会いに行けという天の声か?」とさえ思ったほどだった。



a0106584_6141767.jpg




実際にお会いしたご本人は、やっぱりとってもチャーミングな女性だった。

いきなり話し込んだので、オットは一瞬「なぜうちの妻はロンドンに知り合いがいるのか?」と思ったようであった。すぐ「あ、またブログ知り合いか...」と気付いたようではあったが。

この後予定があったので、おいしそうだけれどデリケートなお菓子を買うことができなくて残念。ブラウニーは買ったのだけれど、ワタシはほんのひとくち口にしただけで、あっという間にオットが食べてしまった。

おいしかった(そう)ですよ、たまみさん。次回は絶対チョコレートケーキ、と今から決めてます。



a0106584_6153060.jpg




さて。Broadway Marketは食べ物だけじゃないのだね。古着のお店とか、アクセサリーのお店もある。



a0106584_6154833.jpg




このお店はどツボで、売ってたもの全部欲しくなったくらいだった。



a0106584_624136.jpg






メモ入れに使われていた箱までが可愛くて、「これ売ってくれませんか」と言いそうになった。



a0106584_6164592.jpg




買えばよかったと今になって後悔しているペンダント。ビンテージの時計のフェイスを使ってある。キッチュで可愛い指輪もあった。



a0106584_6162538.jpg





散々悩んだあげく、ブローチをひとつ購入。古本のページで素敵なラッピング。古くて黄ばんだ本は、こういう使い方をすればよいのね。



a0106584_617153.jpg




白いTシャツの襟元につけて、カプリ丈のジーンズはいて自転車に乗ろう。...と、イメージばっかり膨らむのであった。



a0106584_6185034.jpg





マーケットはヒッピーな雰囲気が溢れる通りにあって、通りの両側にあるお店がまた素敵。



a0106584_6192636.jpg




大きな通りでも長い通りでもないけれど、コーヒーショップがいくつも目に付いた。寛ぎながら本や新聞を読む人、おしゃべりに夢中な人。かたっぱしから入ってみたくなって困った。



a0106584_6123621.jpg




雰囲気がアメリカ・オレゴン州ポートランドの土曜マーケットにちょっと似ている。フランスの市場とはまた違う空気が漂うこのマーケット、お客さんやお店の人を観察するのも楽しい。



a0106584_6195053.jpg




近くに住んでたら絶対毎週通うね。



a0106584_6202783.jpg




よし、また来るぞ。と誓ったのであった。


a0106584_6211263.jpg

[PR]
# by cocopuff1212 | 2010-06-18 01:07

南仏の香り

a0106584_621976.jpg



春先に苗で買ったラベンダーが、やっと咲き始めた。

水をやるのに窓を開けると、ふわっといい香り。
[PR]
# by cocopuff1212 | 2010-06-17 16:51

ラヂオ体操第4

a0106584_072447.jpg



本日の記事、前半はロンドンとは全く関係ありません。

こちら目にした『ラヂオ体操第4』のクリップ(音出ます)があまりにも面白かったので。



先に進む前に、上のクリップをご覧になって下さいね。

観終わったら先へどうぞ。







先に進む
[PR]
# by cocopuff1212 | 2010-06-16 00:31

二ペンスを鳩に

a0106584_6142714.jpg



All around the cathedral
The saints and apostles look down as she sells her wares
Although you can't see it
You know they are smiling
Each time someone shows that he cares


"Feed the birds, tuppence a bag!"(音出ます)
[PR]
# by cocopuff1212 | 2010-06-15 07:06

Warhammer

a0106584_16284155.jpg



最近のムスコのマイブームは、Warhammerという戦略シミュレーションゲーム。

と言っても、まだゲームで遊ぶところまでたどり着いていない。先だって初心者用セットを購入したばかりで、現在フィギュアをペイントする作業の真っ最中。


a0106584_16292620.jpg




細かい部品をペンチで切り取って、


a0106584_16294770.jpg




下地のペイントを塗って乾かしてから、好きな色で飾る。フィギュアひとつひとつは四つか五つほどのパーツからできていて、ペイントが乾いたらボンドでくっつける。小さいパーツは左手のピンセットではさんで右手の筆で色を塗る、ボンドで接合する際もピンセットが必要など、細かい作業が多い。

最初のフィギュアはおとーさんに手伝ってもらったが、コツが分かったので今はペンチを使うのも細ーい筆で色を塗るのも全部ひとりでやる。自分でできるというのはやっぱりうれしいみたいだ。




で、このゲームなんだけど。市街地にあるゲームショップをのぞいたらででーんとディスプレイされていて、沢山の男の子(三十歳以上男児も含む)がそりゃもう真剣にプレイしていた。英語のできるお店の人に簡単にルールやセットの発展の仕方などを説明してもらったら、欲しくて欲しくてたまらなくなっちゃったオタク傾向のあるうちのムスコ。

家に帰って貯金箱の中身を数えたら20€ちょっと。毎週もらうおこづかいを他のものに全く使わなかったら、一番ベーシックなスタート用のセットが買えるだけ貯まるまでンヶ月...という話になって、自分自身もオタクなおとーさんが、「じゃあスタート用のキットだけ買ってやる」と言ったのだ。ルールブックが読めないと困るので、インターネットでアメリカから購入することにした。フランスで買うよりかえって安くついたのはちょっとしたおまけである。

しかしこの手のシミュレーションゲーム、こういう画像を見たら分かる通り、はまっちゃったら$90や$100どころじゃあすまないのだ。まあここから先は自分のおこづかいでまかなえる範囲ということになっているので、そんなに急にパーツが増えるわけではない。しかし、出しておかないとプレイできないところが、これからの対策に悩む部分である。レゴで時間をかけて作ったものはすぐに壊すとかわいそうなのでしばらく出したままだし、モノポリーも終わんないから床に広げたまんまだし。まだこのゲームで遊んではいない今だって、ペイント時に汚れないよう食卓の一部をクラフト紙とクロスで覆ってあって、塗料と筆がセットされたまんまだし…。

こうやってどんどんどんどん、触ったら広がっていく皮膚病のように、家中のスペースが「食われていく」のである…。




ずどーん。




a0106584_16305248.jpg

[PR]
# by cocopuff1212 | 2010-06-10 23:05